石川啄木年譜 〜歿後高まる評価〜

明治45年(1912年)4月13日、石川啄木は妻節子、父一禎、友人の若山牧水に看取られて死去します。享年26歳1ヵ月。
死因は肺結核とされています。

石川啄木の死後、数々の作品が刊行されるに及び、評価が高まるとともに、偉業を偲んで歌碑や銅像なども建立されました。

※碑に刻まれた歌は、元の歌の仮名遣いや漢字を使用していないものもありますが、ここに紹介しているのは元の歌としました。

※番号は整理のためつけたものです。一握の砂、悲しき玩具、それぞれの連番です。

歿後の年譜を見る

石川啄木年譜 略年譜

石川啄木は岩手県岩手郡日戸村(現玉山村日戸)に生まれ、渋民村で育ちました。
北海道に数々の足跡を残しましたが、やはりふるさと岩手県は石川啄木のふるさとです。
北海道漂泊の後、東京で本格的な文学活動を行いますが、生前、高い評価を得ることはできず、26歳の短い生涯を閉じました。

このページでは石川啄木の主要な足跡を紹介しています。
個別のできごとに関する詳細記事を別ページに記載しますのでご参照ください。

略年譜を見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。