管理人自己紹介−石川啄木ファン

サイトにおいでいただき、ありがとうございます。
わたしは中学校を卒業するまで北海道函館市に住んでいました。

函館は石川啄木が半年ほど家族ともども住んだ場所であり、函館大火という不慮の災害に見舞われて、函館を去るまで、いくつか函館のことを歌にしたところでもあります。

管理人GGは中学生のころ、啄木の歌に出会い、啄木一族の墓を目にする機会も多かったことから、啄木に傾倒しました。

函館を離れてからも啄木の歌や詩、日記などの著書を読み漁り、ますます、啄木に対する思いは募るばかりです。

しかし、啄木の情報に接する機会も少なくなり、いつの間にかその情熱も薄れてしまいました。

大阪、和歌山、仙台、旭川、札幌、栃木と転勤して行く先には啄木の匂いが少なかったこともありますが、それ以上に仕事・仕事の暮らしだったからでしょう。

定年を迎え、札幌の自宅に落ち着いてみると、新聞やテレビなどで啄木の情報が紹介されます。

それを受ける自分自身も懐旧の念が強くなっているのでしょうか。

このサイトはそんな想いを形にしようと思い立ち、始めてみました。

北海道には33ヵ所に啄木の石碑や銅像などがあるそうです。
それを探して訪ねてみようかと思っています。

また、啄木の歌について思うことなどをつれづれに書き綴ってみようと思います。

単なる啄木ファンの一人ですが、サイトを訪れていただければ幸いです。
 
posted by GG at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。